近所の練習場に行ってみよう

一連のスイングの基本を理解したら後は練習のみ!

近くのゴルフ練習場に行ってみよう! 最初はアイアンのみの練習となるので比較的小規模な練習場で良いと思います。

練習場に行ってみると

はじめて練習場に行くと周りは自分よりうまい人ばかりと思いますが よーく観察しているとうまい人もいますが皆練習に来てる人なので 向上途中の人ばかりです。

ライザップゴルフで一から基礎をマスターしていると「なんだこの人の打ち方は?」 と思うような人が約7割くらいだと思ってください。

きちんとスクールで打ち方を覚えた人は最短で上達できると感じられます。

練習は7番アイアンがおススメ

7番アイアンをお勧めするのは7番アイアンが一番真ん中のクラブで クラブの長さも中間なので7番を基準に練習すると効率よくクラブの長さに対応できます。

例えば5番アイアンを打ちたい場合は7番より長いのでアドレスの距離を調整したり 逆に9番アイアンを打ちたい場合はアドレスの距離が近くなります。 ですので中間の7番アイアンは一番おススメの練習クラブです。

飛ばすことを意識してはダメ

最初のうちは小さいスイングから徐々に大きなスイングに練習してください。 小さいスイングはとても重要です。

ワンレバースイングは腰の捻転だけで打ちます。アプローチなどに多様するスイングです。 決して馬鹿にしてはダメです。上級者でも練習する重要なスイングなので初心者のうちから慣れておくとよいでしょう!

次にツーレバースイング9時ー3時のふり幅で「コック」を意識して左右が対象になるよう意識するとよいでしょう! ゴルフに慣れてくるとスライスに悩まされます。このスライス改善に練習するのがこのツーレバースイングです。 バックスイングとフィニッシュが左右で均等に回ることで体の曲がりがなくなりスライスが解消します。

フルスイング 慣れてきたらフルスイングしてみましょう! しっかり芯をとらえることで