Lesson4:トップの位置でスライス・フックが決まる

バックスイングを後ろから見ると肩の後ろで「三角形」が形成されていると理想とされています。

手の位置が高いとスライス系の球筋になりやすく 手の位置が引くとフック系の球筋になりやすいので注意してください。

手の位置が高い=右わきが開くので「アウトサイドイン」になりやすいので スライスが多発します。 どうしても飛ばしたい!との意識から手を高く上げたくなりますね。

クラブヘッドの3つの軌道

インサイドストレートイン 飛球線の内側から入りインパクトゾーンをほぼストレートに通ったあと内側に抜ける軌道

アウトサイドイン 飛球線に対して外側から内側に抜ける軌道 トップの位置が必要以上に高く右わきが空いているとこの軌道になりやすい。 スライサーに多い軌道です。

インサイドアウト 飛球線に対して内側から外側に抜ける軌道 トップの位置が正しく正確にクラブを下ろすことができればこの軌道になる

スイングプレートを意識する

スイングプレートとはクラブを振ったときにできる平面のことです。 理想のスイングプレートを描くことができると、力が効率よくヘッドに伝わりフェースの向きが安定します。 アイアンはより縦方向のスイングプレートになりドライオバーはより横方向のスイングプレーとになります。

理想のスイングプレートとは

トップではグラブシャフトとヘッドがスイングプレート上にあると良い

クラブを振り上げたときの手首の位置は時分の軸から最大限遠くにならないようにする ドライバーの場合はクラブのエンドが写真のような向きになっているとフェースの向きが良い