初心者のための上達メソット

Lesson1:グリップの握り方

グリップの重要性

ゴルフのスイングで最も重要なことの一つにグリップがあります。
グリップが悪いといくらセットアップやスイングの練習をしても
正確にボールが飛ばなかったり、力強いショットができなかったりします。

一番最初にグリップをしっかり理解することで上達が早くなることは間違いありません。

ライザップゴルフでもグリップは一番最初に覚えることで予習復習の参考としてください。

ボールがスライスする→グリップの握りが悪い!
インパクトがうまくいかない→バックスイング時にグリップがずれている!

中級者以上になってもたまにグリップの確認が必要なケースがありますので
初心者はしっかりグリップの理解をしましょう!

グリップの目的
  • クラブフェースのコントロール
  • グラブヘッドにスピードを与える

クラブフェースの向き

スクエア

オープン

クローズ

グリップの型

インターロッキンググリップ
現代ゴルフでプロをはじめ多くのゴルファーが採用している握り方。
左手の人差し指と右手の小指が絡まる

オーバーラッピンググリップ
右手の小指が左手の人差し指と中指の間に収まる

ベースボールグリップ(テンフィンガー)
ドライバーでスライスが出るときにテンフィンガグリップを行うとスライスが直る場合があります。
右手に不用意な力がかかっている場合に有効なグリップ

高齢者など力が衰えている人に有効なグリップです。

握り方

1:左手でクラブをつかむ

人差し指の付け根の指側、そして小指の付け根の手のひら側をグリップが斜めに横切る位置に合わせる。

本人から見えるグリップ!

左手親指と人差し指でできるV字が自分の右肩の方をさすように握る

2:右手を添える

中指と薬指を添える

小指が人差し指と中指の間に納まり、次に薬指と中指の付け根にグリップを合わせます。

本人から見えるグリップ完成形

グリップ体操ドリル